大人になれば楽しめる、キャバクラやガールズバー、スナック

キャバクラレクチャー

キャバクラ

kyaba1

キャバクラは風俗営業の一形態で、接待飲食業に分類される、女性が接待を行う飲食店である。

名称の由来はキャバレーとクラブを組み合わせた造語で、ここで接客をする女性はキャバクラ嬢やキャバ嬢と呼ばれることが多い。

時間定額制の店がほとんどで、キャバ嬢が客と同じテーブルに同席して飲食を共にして客をもてなす。一般的に、キャバ嬢は20台前半の若い女性がほとんどで、比較的に派手に着飾ったりセクシーな衣装で接客するケースが多い。店内での性的なサービスは禁止されており、基本的にはキャバ嬢と一緒に会話をしながら飲食をすることが提供されるサービス内容となっている。

ガールズバーやスナックとはまた異なる楽しみ方が出来るのも魅力の1つである。

メリットについて

kyaba2

キャバクラとは女性が男性を店内で飲食物を提供しながら接待することである。キャバクラは一般的に夜の商売であり、居酒屋等でお酒を飲んだ男性が2次会、3次会で利用する場所である。従って、繁華街は、深夜時間帯になると、客引きが多くなる。

このメリットは、接客に非常に慣れているため、男性が普通は女性に相談できないような悩みを相談でき、女性目線で答えてくれたり、普段女性と接する機会が少ない男性にとっては、手軽に女性と話す機会を作れる場である。

注意点

キャバクラに何回も通うことで多額のお金を使うことになり、指名した女性を引き止めるために延長を行なうとさらに料金がかかるので注意が必要である。

話が盛り上がっている内はいいのであるが、冷静になって判断することが大切である。デートと称して様々な物をねだられることもあり、財布の紐を締めて行動することが重要である。キャバクラ嬢と話をしている間は楽しめるが、夢中になりすぎないようにしなければ、普段の生活に負担がかかるリスクもある。





熊谷でキャバクラ求人をお探しなら|Night Recruit